コストを抑えて必要な家具を揃えることが可能になっています

美しく機能的なオフィスに置きたいインテリア

目的を決めておく

目的を明確にしましょう

ベンチャー企業を中心にコミュニケーションを重視したオフィスデザインが採用されています。特に競争環境の厳しいIT分野のベンチャー企業が多く採用しています。その理由は日々新しいサービスが生まれ、目まぐるしく環境が変わるIT分野では、アイデアが何より重要なため、活発な社員のコミュニケーションの中から明日の糧を得ようと模索しているためです。それを可能にするのがフリーアドレス制などのオープンなオフィスデザインというわけです。このように目的を明確にすることがオフィスデザインを考える際には重要です。IT企業では有効なフリーアドレス制も違う分野の企業には、まったく合わないということも珍しくありません。企業競争力を高めるためのオフィスデザインにするためには、何をどのようにするかをまず決めなければなりません。

限られたスペースでのレイアウトのコツ

目的を明確にした後は、プランに落としこんでいく必要があります。しかし中小企業のオフィスは、広さや設備またはオフィスデザインにかけられる費用に限度があることが多いでしょう。そのため効率的な小規模オフィスを実現するための注意点を見ていきましょう。まず明確にした目的に沿ってレイアウトを決めていきます。コミュニケーションを重視する場合には島形を選び、作業に集中することを重視する場合にはパーテンションなどを使い個別のスペースを作っていきます。その際に社員1人に必要なスペースとして、最低6平米は取るようにしましょう。またデスクの奥行きは60センチは必要です。次にするべきことは、設備などの配置です。ペーパーレス化を望むのであればWi-Fi環境を構築しなければならないかわりに、設備のためのスペースは少なくて済みます。一方紙の書類が必要な場合には、社員同士で棚などのオフィス家具を共有することが必要です。また来客スペースが必要な場合には、業務スペースとパーテンションなどで仕切ることがセキュリティ上必要です。このように小規模オフィスだからこそ細かい部分に目を配る必要があります。

Copyright© 2015 コストを抑えて必要な家具を揃えることが可能になっています All Rights Reserved.